オフィスを変える業務用タブレットの進出

  • 業務用タブレットでリモート操作

    • 会社はライバル企業との競争を生き抜くために日夜研究を続け、これまで誰もが考えつかなかったようなプロダクトを生み出すことが求められます。
      しかし、社員たちはプロダクトが持つ可能性について確信していたとしても、製品開発においてタッグを組むことが欠かせないクライアントなどが理解してもらえないという悩みを抱えることは珍しくありません。
      そのような時、タブレットを使って具体的な使い方に関する動画を見せたり、手で触って細部まで確認できるようにしたところ、以前よりも協力してもらえる確率が高くなったという結果があります。
      業務用にタブレットがあれば、紙媒体とは異なり手に取るように様子を知ることができるのですが、予めタブレットの中にデータを入れておかなければならないという注意点がありました。

      bluetoothタブレットの情報を確認できるサイトです。

      つまり、資料が不足していることに気づいたとしても一度会社に戻らなければ資料が手に入らなかったのです。

      Yahoo!ニュースの情報を集めました。

      ところが、タブレットならリモート操作が行えるので、出先からでも自分のコンピュータやサーバーにアクセスすることが可能であることから、クライアント先からデータを入手できます。



      また、業務用として社員達に配布すると社外での動き方が円滑になるだけではなく、自社内でも教育が充実するという側面もあります。

      企業の規模が大きくなるほどマニュアルのページ数は膨大なものになり、千ページを超えるものが珍しくないのですが業務用の端末なら全く重さを感じることなく持ち運べます。