オフィスを変える業務用タブレットの進出

  • 業務用でタブレットを使おう

    • 日本では、インターネットが普及してからパソコンを使った仕事が増え続けています。

      パソコンは情報管理や情報伝達を円滑に行うことができます。


      無料で使えるフリーソフトやアプリも豊富で、通話アプリやチャットアプリを会社に導入するケースも多いです。
      パソコンの種類は大きく分けて2種類あります。

      屋内で使うデスクトップタイプと屋外でも使えるノートタイプです。


      ノートタイプは屋内でも屋外でも両方使える点で優れています。

      ビジネス用のタブレットの情報がいっぱい詰まったサイトです。

      その代わり長時間の稼働は難しく、バッテリーパックも含めて持ち運ぶのが大変です。

      自分に合ったガジェット通信についてお答えします。

      最近はパソコンでは無く、業務用でタブレットを使う機会も見られます。

      タブレットは7〜8インチ程度の液晶で、持ち運びに適した薄型の端末です。

      外出先でも、ノートパソコンのようにインターネット接続や様々なアプリを使えます。

      ノートパソコンとの主な違いは、スマートフォンのように液晶をタッチして操作する点、キーボードやマウスが備わっていない点、カメラ機能を有している点です。

      また、非常に軽量なので持ち運びに適しており、消費電力も少ないので長時間の稼働もできます。
      業務用でタブレットを使う理由に、1台辺りの価格が安いことが挙げられます。


      性能によりますが、7〜10インチ程度の物なら2万〜3万円程度で購入できます。
      業務用に従業員に支給する場合など、必要な性能を有している安価なタブレットを選ぶ方がお得です。業務用でタブレットを購入してから、キーボードやマウスで使いたいと思うことがあります。

      そんな時は、キーボードやマウスをUSBやBluetoothで繋いで使うことができます。



      こうした使い方を前提とした、2in1というタイプの製品もあるので、調べてみると良いです。