オフィスを変える業務用タブレットの進出

  • 業務用にタブレットの導入を考える

    • 私達の社会では、職場でパソコンを使う仕事が増え続けています。

      インターネットを使った情報収集や電子メールを始め、オフィスソフトによる情報管理や資料作成など、パソコンは必要不可欠な存在だと言えます。パソコンには屋内で使える物と屋外で使える物があります。

      1人1人に合った業務用のタブレットについて悩んでいませんか。

      外出先で利用する場合、持ち運べるノートパソコンを使うのが一般的です。

      Girls Channelのことならこちらをご活用ください。

      しかし、ノートパソコンはバッテリーやケーブルを一緒に持ち運ばないと使えないというデメリットがあります。



      屋外でパソコンを使う機会が多いなら、業務用にタブレットPCを導入するのが良いと考えられます。近年、屋外のイベント活動などを行う際、ノートパソコンの代わりにタブレットPCを使うことが増えています。

      業務用でタブレットPCを使う場合、7〜10インチ程の大きさがおすすめです。基本的にキーボードやマウスを使わず、液晶を指やタッチペンでタッチして操作します。

      勿論、USBやBluetoothで接続して、キーボードやマウスで操作することも可能です。

      軽くて持ち運びやすいこと、バッテリーが長持ちすること、安価なことなどが購入理由として挙げられます。

      特に軽いという事が重要です。
      本体の重量は300〜500グラム程度、片手で持ちながら操作することも可能です。
      安い物だと、タブレットは1台辺り2万円前後で購入できます。

      安価なので壊れても損失が少なく、出張や外回りの従業員に持たせるといったことが考えられます。

      業務用でパソコンを買えなくても、タブレットなら複数の端末を揃えられます。